人間の死に方

医者である筆者が、同じく医者である父親を、在宅介護で看取るまでの経緯です。筆者の父親は、85歳で前立腺癌の診断を受け、治療を拒否して天寿を全うしました。亡くなるまでの2年間、認知症にもなり、介護は大変でしたが、最期は枯れるように亡くなりました。

私も、死ぬなら癌で死にたいと思う一人です。延命治療はお断り、地上でやるべき仕事をしたら、後はこの世をきれいに去りたいと思います。

死ぬことがわかっているのに、ただ心臓を動かすためだけに、チューブで繋がれた自分の姿は、想像するだけで恐怖です。

人間の死生観は、人によって違いますから、これが正解というものでもないでしょう。大切なのは、死んでいく当の本人の気持ちを尊重することで、あらかじめ周囲の人に伝えておくことではないかと思います。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。