平和大使セミナー 「コロナ禍の今、健康を考える」

平和大使協議会北千葉支部の主催で、平和大使セミナー 「コロナ禍の今、健康を考える」を開催しました。当初習志野市市民ホールで実施する予定でしたが、まん延防止対策が発出されたため、オンラインセミナーに切り替えました。

内容は、歯科の病気がいかに医科に影響があるのか、コロナウィルスの受け入れを日本で最も積極的に行っている大学病院での最前線での苦労の話、そしてそもそもCOVID-19はどこから由来したものなのか、というお話しでした。どれも非常に興味深い内容でした。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

国民投票法改正案