Microsoft OfficeのTIPS(25) Excel 列の幅の自動調整

作表しても実際にデータを入力すると、セルの幅が長すぎたり、短かったりすることがあります。あまりに空白が長すぎるセルは、Excel全体として見栄えが良くありません。

「ホーム」⇒「セル」⇒「列の幅の自動調整」で、そのセルの幅が、文字列の長さに対してちょうどよい状態に設定されます。

同様の機能で、「行の高さの自動調整」という機能もあります。セル内改行をすると、文字が隠れてしまうことがあります。そのようなときに、「ホーム」⇒「セル」⇒「行の高さの自動調整」により、行の高さを最適値に設置することができません。

セルのサイズが適正化されると、表全体がとても見やすくなります。覚えておきたい機能ですね。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

菅総理の実績

次の記事

イスラームの歴史