平和大使セミナー 第二の核の時代が人類を救う

平和大使協議会北千葉総支部の主催で、株式会社トリウムテックソリューションの古川社長を講師に迎えて、平和大使セミナーを開催しました。

平和大使協議会は、政治・学術・経済・宗教など各分野で、それぞれの分野の専門家が、国内外の課題の解決に取り組む活動をしています。

経済安全保障において、エネルギー問題は重要な課題ですが、化石燃料に過度に依存する我が国は、オイルシーレーンにおける中国の脅威、環境問題、そして最近の原油価格高騰などの問題を抱えています。再生可能エネルギーは電力のベースロードとはなりえず、原子力発電所の再稼働もままなりません。その中で、次世代原子力の技術の一つである、トリウム溶融塩炉は、国内ではまだ認知度が低いですが、非常に可能性が高い技術です。

このような技術を、国をあげて検証していくことは、今の日本において大切なことです。セミナーの内容は非常にわかりやすく、参加者からも好評でした。既存の考え方にとらわれるのではなく、前向きに検討していくべきではないでしょうか。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。