日本の夜と霧

昨日のブログで書いた、「真説日本左翼史」で紹介されていた映画です。大島渚監督が、60年安保闘争の頃の学生運動をテーマにした映画で、Amazon primeで視聴できます。

日本共産党の、暴力革命から歌と踊り路線の対比や、それに反発する青年など、当時の状況をリアルに映し出しています。松竹の判断で、封切り後わずか4日で上映中止となった経緯があるそうです。

当時の青年たちが、日本を変えるために革命について真剣に議論する様子は、当時の世相を表していて興味深いですが、今の世間では現実離れしているように見えます。

しかし、日本の将来を考える時、これらのことを過去のお話しだと片づけるのではなく、よく知っておくことは大切だと思います。社会が不安定になると、極端な考え方が国民を支配してしまうことは、決して昔だけのことではないと思うからです。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

真説 日本左翼史

次の記事

書道教室 作品展