歴史を考える

司馬遼太郎の対談集です。日本の歴史上の人物について、侍、宰相、敗者など、様々な観点で論じています。

司馬史観と言われますが、司馬遼太郎の日本の歴史観が、よくわかる本です。

司馬遼太郎は、サラリーマンにもよく読まれていますね。私も、結構たくさん読んだ記憶があります。史実に基づきながらも、小説ですから、人物像を想像しながら描き出すわけですが、司馬遼太郎の小説の登場人物は、とても生き生きとして魅力的な人が多いです。実際の姿とは違う部分もあるのでしょうが、それぞれの人物の生き様は、現代にも通ずるものが、あるのではないかと思います。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。