細川ガラシャ(上)

作者は、三浦綾子です。細川ガラシャは、明智光秀の娘で、細川藤孝の長男の、細川忠興に嫁ぎました。その後キリスト教の洗礼を受け、恵みという意味のグレースという洗礼名を受けました。

戦国時代、力と力がぶつかりあい、比叡山焼き討ちなど非道な行為を行う織田信長に仕えた明智光秀が、本能寺の変で天下を取りますが、すぐさま羽柴秀吉に討ち取られてしまいます。

この小説のテーマは、このような環境を、一人の信仰者である細川ガラシャがどのように生きたかということなのですが、上巻では、歴史小説として、女性の視点から見た戦国武士が描かれています。

背景がわからないと、生き様がわからないからだと思いますが、歴史小説としても、とても素晴らしいと思います。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

次の記事

安倍元首相銃撃