宇宙を支配する定数

数学には、円周率(π=3.14159…)とか、ネイピア数(e=2.7182…)などの定数があります。

物理にも光の速度(c=299792458 m/s)や、万有引力定数(G=6.674 x 10^-11 Nm2/kg2)などの定数があります。これらの定数は、宇宙で共通のものであり、普遍的な数値とされているそうです。

長さ、時間、重量、速度など、様々な数値が相互に一定の関係を保ち、この宇宙の秩序を維持しているわけです。

そして、これらの数値は、科学の発展により測定精度が向上することで、測定値から定義値に変更されたものもあるそうです。真空中の光の速度は、1秒間に29.9792458km進むものと、1973年に定義されたのだそうです。

この大宇宙に、全ての物質の関係性を決める普遍の物理定数が存在するなんて、とても興味深いですね。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

人類の起源

次の記事

原子力発電所再稼働