まぼろしの影を追いて

アウグスティヌスの「告白」を読みながら、頭を離れない曲の一節がありました。あれは何という歌だったかしら?

読み終わってからいろいろ調べて、この曲に辿り着きました。讃美歌510番です。作者は、Frank A. Breckと言って、アメリカの方です。

もしかすると、アウグスティヌスのために祈り続けた、母モニカのことを歌ったのかもしれません。

とても素晴らしい歌です。

Youtubeでも、聞いてみました。聞きながら、恥ずかしながら泣いてしまいました。

  1. まぼろしの影を追いて うき世にさまよい
    うつろう花にさそわれゆく 汝が身のはかなさ
    (※繰り返し)
    春は軒の雨、秋は庭の露
    母はなみだ 乾くまなく 祈ると知らずや
  2. おさなくて罪を知らず むねにまくらして
    むずがりては手にゆられし むかしわすれしか
    (※繰り返し)
  3. 汝が母のたのむかみの みもとにはこずや
    小鳥の巣に帰るごとく こころやすらかに
    (※繰り返し)
  4. 汝がためにいのる母の いつまで世にあらん
    とわに悔ゆる日のこぬまに とく神に帰れ
    (※繰り返し)

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。