聖アウグスティヌス 告白(下)

聖アウグスティヌスの「告白」下巻を読みました。

ほとんど神学論で、特に後半は旧約聖書の創世記の解釈が書かれています。私には、書かれている内容は、よくわかりませんでした。

解説によると、アウグスティヌスの神学は、中世からマルチン・ルターによる宗教改革まで、大きな影響を与えたとのことです。

上巻と下巻は、全く別の本ではないか、という位の違いがあります。私はやはり、人間の罪を自叙伝的に書いている上巻に、心が惹かれます。

ただ、神が天地を創造し、それを聖書が抽象的に書いている点を、突き詰めて思索している下巻は、深い内容があるのだろうと思いました。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。