しんがり 山一證券 最後の12人

山一證券の自主廃業後、清算業務と共に、破綻の原因となった2600億円もの簿外債務が、どのように積み上がり、隠されてきたか、社内調査を行ってきた人々のドキュメンタリーです。

作者は、2011年に、球団人事に不当介入したとして、当時の読売新聞の渡邊オーナーを告発した、いわゆる清武の乱の当事者である、清武英利氏です。

本屋でたまたま見かけた本です。しんがりというのは、一番大変な仕事です。人は、組織が順風満帆な時はついてきますが、厳しい状況になると、去っていきます。最後まで残るのはリーダーの仕事だと思いますが、真っ先に逃げ出す人もいます。山一證券のしんがりを務めた、12人の人々に、敬意を表したいと思いました。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

次の記事

日本の思想