成田街道のバイパス道路

八千代市の問題といえば、国道296号線(成田街道)の渋滞です。

このような道路は、日本のあちこちにあるのでしょうが、片側1車線しかなく、ほかに東西を結ぶ道路がないので、ともかく混みます。

この道路とほぼ平行に、船橋から佐倉市まで結ぶ道路の建設が、30年以上前から計画されていましたが、やっと緑が丘に近い部分での建設が始まりました。

とても便利になると思います、道路に関係する方々は、ご苦労も多いことでしょう。

ありがたいと思います。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

五・一五事件