旧約聖書(2) 出エジプト記

出エジプト記は、モーセが、エジプトで奴隷生活を送っていたイスラエル民族を、故郷のイスラエルまで導くため、エジプトを出発する物語です。

映画にもなっていて、有名な十戒を与えられたことも、書いてあります。

紅海まで逃げ延びたところで、後ろからくるエジプト軍に追いつかれたが、モーセが杖を上げると、紅海が割れて、イスラエル民族が歩いて渡ることができたとか、劇的なシーンが登場します。

神の言いつけを守らないイスラエル民族に対して、神が怒りのあまり皆殺しにすると言い出したところ、モーセがそれを必死になだめるような場面もあります。

神と人間との関係が、とてもドラマチックで、壮大な叙事詩だと思いました。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

外国為替市場