旧約聖書(4) 民数記

モーセの話の続きです。モーセは、エジプトからイスラエル民族を導き出しましたが、実際に目的地に行けたのは、ヨシュアとカレブという2名が率いる人々でした。

他の人々は、目的地カナンに行く途中で、肉が食べたい、スイカが食べたいと不平を言い続け、モーセを糾弾します。カナンには強敵がいることがわかり、絶望して、何故こんなところに自分達を連れてきたのかと、モーセに迫るのです。

結局これらの人々は脱落して死に絶えてしまいました。神は愛なりと言いますが、厳しい側面もあるようです。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。