飲食業に対する事業復活支援金

コロナウィルスによる事業の影響を受けた事業者に対する、事業復活支援金の申請が、1月31日から始まっています。昨年11月~今年3月までのある月(対象月)の売上が、2018年か2019年か2020年の始まる11月~3月(基準期間)の、同月の売り上げに比べて30%または50%以上減少していた場合に、一定の支援金が給付されるものです。

昨年10月までの、月次支援金と同じような仕組みですが、見落としがちなのは、事業復活支援金は印象業も対象となることです。月次支援金は飲食業は千葉県感染拡大対策支援金があるため、対象から外されていました。事業復活支援金は、いわば両取りができるのです。

わたしのお客様にも、ご存じない方がおられました。折角の制度なので、活用するとよいと思います。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

純粋理性批判(上)

次の記事

天皇誕生日