事業復活支援金

本日より、事業復活支援金の申請が開始されました。対象期間(「2018年11月~2019年3月」、「2019年11月~2020年3月」、「2020年11月~2021年3月」のいずれか)期間に比べて、基準期間(2021年11月~2022年3月の期間)のどれか1か月でも50%(あるいは30%)以上減少している月(基準月)があれば、対象期間と基準月の5倍の差額が、決められた上限額を上限として、支援金が支給されます。

50%減少なら、上限額は法人100~250万円、個人事業主50万円となり、30%~50%減少なら、上限額は法人60~150万円、個人事業主30万円となります。

文章で書くとわかりにくいですが、制度の概要が公表されていますので、この図がわかりやすいと思います。

申請には、オンライン申請が必要です。かつ、事前確認制度があり、一時支援金や月次支援金を申請したことがない方は、登録認定機関による事前確認を行う必要があります。

私は登録認定機関ですが、事前確認の依頼が、ぽつぽつと入るようになりました。

注意すべきは、千葉県感染拡大協力金が支給されるようになれば、それは基準月の売上高に加算してから、対象月と比較する必要があるということです。1月21日分から支給されることになるので、この分を加算した上で、対象期間の対象月と比較して50%(または30%)以上減少していることが要件となります。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

次の記事

日本書紀(上)