持続化給付金詐欺

令和2年の持続化給付金に係わる詐欺事件の発覚が、後を絶ちません。

コロナウィルスの影響で売上が下がった事業者に対して、法人であれば200万円、個人事業主でも100万円を支給する大型の給付金ですが、この制度を悪用したものです。

オンライン申請で迅速に支給することが旨として行われました。本当に困っている事業者に迅速に支給するため、比較的簡単な手順で申請できました。

私も、行政書士として、何件も申請代行をしましたが、事業者の方々は、コロナウィルスで売上が激減する中、給付金はとても助かった、と言っていました。時間のない中でシステムと制度を立ち上げた行政の努力は並大抵のものではなかったと思います。そのような制度を悪用するというのは、許されざる犯罪だと思います。飲食業を対象とした感染拡大対策協力金、事業復活支援金など、給付金制度が続いていますが、正しく利用しなければなりません。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

内閣不信任決議案