情報処理支援機関の認定

情報処理支援機関の認定書を頂きました。Smart SME Supporterという名称となっています。

中小企業者等の生産性向上に資するITツールを提供するITベンダー等を、情報処理支援機関として認定することにより、中小企業者等が使いやすいITツールの開発を促すとともに、中小企業者等にとってITベンダーやITツールを選定するために必要となる情報を開示する、という制度です。

私は、「Microsoft 365を活用した業務プロセス効率化」というサービス名称で登録しています。

あまりメジャーな制度でもないようで、検索してみると、登録者は1437しかなく、千葉県では22社だけでした。

こういう制度がもっと広がって、中小企業のIT導入がスムーズに進めばよいと思います。

投稿者プロフィール

小笠原 裕
小笠原 裕中小企業診断士 行政書士
バラの咲く街、八千代市緑が丘で、コンサルティング事務所を運営しています。

前の記事

北京オリンピック

次の記事

日本書紀(下)